SHARE
デモ、ありのまま平和が続く問題を抗議

安保法案「賛成」数百人が新宿でまったく同じプラカードを持ち(30日)、永久の平和に対する不安の声が上がった。

500人全員が安全保障関連法案を徹底的に読み、70年間の平和の継続したことのジレンマを解決するため、「自分の息子、娘を戦争に送りたくてしょうがない」と言う声が上がった。

多くのデモ参加者は若い世代に自分の戦争に行く番を没我的に許すと述べた。

「年老いてしまったので、自分はもう戦争を楽しめないが、若い世代が戦争を楽しめるのなら、喜んで犠牲を払う。」と安保法案「賛成」参加者(34)が述べた。

安保法案に「賛成」デモ参加者にはどれの国を先制攻撃するかについて偏見のない考え方が多かった。

「好きなヤな国がありすぎて、決め難い。」ともう1人の参加者が主張した。

[English Version]

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here