SHARE

AKB48選抜総選挙の関心が低い中、それほど人気でもないチームJのメンバーが当選した。

選挙の結果、新当選者はAKB48憲法に強引な解釈変更を提案し、衝撃的な結末を迎える見通しだ。

新リーダーは、より攻撃的な立場をとり、敵のアイドルグループから守るために、平和主義的憲章を改正するとした。

提示された「平和支援法」によれば、集団的自衛権によりE-Girlsなどの他の大人気アイドルグループと協力し、業界のバランスを脅かしている他の新アイドルグループを潰すことを認めることになる。

「戦争を拡大することで、平和をもたらす新法律である」とチームJの新当選者は述べた。

新リーダーは、多くのメンバーが攻撃的な戦略に反対しても、この急進的な法律を強行的に制定する予定だ。

[See English Version]