社会

今年「暑いね」最高回数を突破

関東地方で「暑いね」という言葉を口にした回数が今年の最高となる記録した。 今日午後0時10分、東京都民一人当たりの「暑いね」発言回数が7回を超えた。 「暑いね」現象は「寒いね」現象とよく似ており、当然のことを言っているが、異常気象があるため、話しても楽にならない。とはいえ、当たり前のことを言うのはコントロールできない誘惑がある。 「暑いね」発言を受け取った人物は「暑いね」を繰り返すか「そうですね」としか言うしかできない。そして、「暑いって当たり前だよ!」と自分で思いながらも、数分後、自分も同じ罪を活かし、他人に同じ発言を言い出す。 今週中にも「暑いね」発言は同じように続く見通しだ。もちろん、来週も。そして次の数ヶ月も。 写:Pakutaso

新宿駅K27番出口を捜す男性が78日間、野生ベリーを食べて生き残る

旅行のために来日していた外国人男性(39)が、昨年末から78日間、新宿駅K27番出口を捜しながら生き残るために野生のベリーを食べていたことが分かった。 報道によると、当初、米国出身のマイケル・レガートは最先端のGPSシステムを使い、品川のホテルから新宿駅のK27出口までの到着は簡単なものだと思ったという。 しかし、レガートは、およそ3ヶ月経っても目的地には到着せず、なけなしのお金でおにぎりを買い、人通りの少ない駅の中で育てられている野生のベリーを食べたりすることで、その日その日を過ごした。 品川のホテルから出発して、約2ヶ月が経ったころ、イノシシを見つけたことで久しぶりの肉を味わった。 「あのイノシシを数日かけて追いかけ、素手で捕まえ、斬り伏せたり首を絞めて絞殺した。」とレガートは述べた。 そしてイノシシを捕まえた後は、22番ホームの近くにテントを張り、キャンプファイヤーでイノシシを串焼きにし、ミディアムレアで口にした。 「あれは滅多になかった良い夜だった。」とレガートは振り返った。 そして、観光ビザの在留期限が1週間を切ったところで、ようやく新宿駅のK27出口を発見した。 写:Flickr/DickThomasJohnson (edited TRW)

男性が バレンタインデー反対デモに参加、母親が部屋の掃除をする絶好の機会に

東京・渋谷で12日、バレンタインデーの商業主義に反対するデモが行われたモテない男性の母親は息子が部屋から出て行き、やっと掃除が出来ると喜んだ。 異性に人気のない男達の連帯を呼び掛ける団体「革命的非モテ同盟(革非同、Kakuhido)」は渋谷でデモを主催し「バレンタインデー粉砕!」の横断幕を掲げた。一方、彼らの母親達は息子の部屋に入るチャンスを掴み「大掃除ができた」。 「プレイステーション4の裏に太古の昔からあった汚い下着を見つけました。」と革非同の広報担当(代表代行)の秋元貴之氏(33)の母親が述べた。 ださいメンバーらは「もらったチョコの数で人間の価値を決めるな!」「俺らはださくない」などのシュプレヒコールを叫びながら渋谷を練り歩いた。 「我々の活動は、バレンタインを金儲けの道具にすることや、モテない人々を劣っていると見下す風潮への抗議だ」と秋元氏が言った。 夕方になって異性に人気のない男達の連携を呼び掛ける団体は異性に人気のない女性の連携を呼び掛ける団体とすれ違い、お互いのメンバーに嫌悪感を抱いた。 「あの女の子と言われている見苦しい怪物が公に出る必要があるのか?」と秋元氏は述べた。

鳥インフル感染拡大、楽天イヌワシも殺処分

毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、感染拡大防止のため、養鶏場で飼育されていた東北楽天ゴールデンイーグル を含む約23万羽の鶏が殺処分された。 クラッチ(楽天イヌワシ)は勇敢に「俺は家禽じゃない!」と叫びながら、自衛隊員の激しい追跡から逃れようと宮城球場を走り回った。 恐ろしい光景を目撃した若いファンの一人はクラッチの最後の言葉である「俺まだ元気だ!曲がり球だってまだ中速度で投げられるよ!」を耳にした。 「彼はいいやつだった。最高の鳥だった」と楽天代弁者は述べた。 羽ではなく腕があることが楽天イヌワシにとって致命的であった。 「野球場の壁が近づくにつれて、腕を強くばたつかせていたが、ついには地面に押し付けられてしまった光景を一生忘れることはできない。」と見物人は言った。 「1センチさえ飛び上がらなかった。」 お正月まで無家禽のようには見えない動物で新たなマスコットを作成する予定だと楽天代弁者は述べた。 写真: Imagineer

IWC総会 クジラを飼育する人道的な手段を提出

国際捕鯨委員会(IWC)の総会が24日、スロベニア南部のポルトロジュで始まりました。 反捕鯨国からは人の食用鯨のためのクジラを人道的な手段を提出した。 3日目の議論の中でアメリカのボッブ・マックドナルドは「我々は、世界中に数万個の工場式農場で陸の哺乳動物が入ってる檻にクジラも入れるべきと出張します」と述べ、前向きな議論を呼びかけました。 「いつ、どこでオキアミを狩る困難な事業や自分の子供を育児する面倒が無くなり、クジラのストレスを減らすことができる。」 檻に入っているクジラは自由をそもそも知らないため、公海で捕鯨する残酷な行為を根絶する手段であると反捕鯨委員は出張する。 「存在が分からないものを求めることが出来ないだろう」とマックドナルドが述べた。 Image: Flickr/Accessadvertising (edited by TRW)

スーパーで初割引シールが貼ったとたんにおばさんが冷蔵庫の壁から現れる

大阪市でスーパーの店員さんは天ぷら弁当に夕方の初割引シールを貼ったとたんにおばさんが冷蔵庫の壁から浸透した。 おばさんが6番通路の冷蔵庫から突然現れ、シールを持つ店員のところに直接行ったと目撃者は言った。 個人空間に対しての社会的な規則を無視して、シール男がシールを張りながらおばさんがすぐそばに立った。 「割引店員にかかわるパーソナルスペース規則があるかどうか分からないけど、あってもあのおばさんなら全く気にしないなー」と目撃者が述べた。 結局はヒョウ柄おばさんが割引シールの価格に不満を持ち、舌打ちを何度もしながら冷蔵庫の壁に戻っていった。 Images: Uchida, Johnson

GWが始まる、働きすぎたサラリーマンが奥さんと子供に名刺を渡す

GWの始めに、働きすぎたサラリーマンが奥さんと子供に名刺を渡し、自己紹介した。 「初めまして。田中直樹でございます。三菱商事のものでございます」と田中が3歳の娘に説明した。 「私がお前の父親だ。」 田中が金曜日の朝を使い、2人の子供や27年間結婚している奥さんに自分が誰かを明白した。 「このおっさんは誰だ?なんで私の家にいるんだ?と思いました」と奥さんが述べた。 田中の黄金の玉は会社が所有しているが、春に長期間、奥さんとシェアできる. そのためゴールデンウィークと呼ばれている。

初の「ガイジンカフェ」が原宿にオープン

多くの人が待ち望んだ初の安全な環境下で外国人と間近で親密に触れあえる「ガイジンカフェ」が原宿に本日オープンしました。 昨晩から、ガイジンに近づいたり、小さい頭をなでるために、多くの外人ファンが列を作って並んだ。 「珍しい金髪メスガイジンは一番タイプ。あの子がちょー自信家で元気いっぱいだった。」と1人の客が述べた。 外人をちらっと見るためだけに少し離れてカフェの窓からのぞく人もいた。 ガイジンと30分遊び放題は1500円で、常に繋がらなくてもいいことを安心感に売っている。 地方自治体は市民に全てのガイジンが隔離され、オスが去勢されたことを保証した。

サラリーマン、豪華なゴルフスウィングを傘で見せる

東京に通勤するサラリーマンが、今日(11日)運のいい傍観者の前に黒い折り畳み傘で絶妙なゴルフスィングを見せた。 男性(53)は調子が良い、朝のラッシュアワーのピーク時にもかかわらず、ゴルフスイィング精一杯で何回も遂行した。 ゴルフにはまっている叔父さんを観察して感動した周辺の通勤者が多く、美しいゴルフスィングの前に立てると光栄に思った。 インコース後半にその日の働きの疲れの兆候があったが、辛抱強く一日中にわたってのプレイを達成した。 周りの見物人が静かになるくらいわくわくさせ、スーツ姿であんな流動性なプレイを見せて頂き、ぼうっとした鑑賞を味わった。 サラリーマンを正常労働時間の後前、雨の日に監視することができる。
15,845FansLike
477FollowersFollow
1,732FollowersFollow

POPULAR

人気