SHARE

国際捕鯨委員会(IWC)の総会が24日、スロベニア南部のポルトロジュで始まりました。

反捕鯨国からは人の食用鯨のためのクジラを人道的な手段を提出した。

3日目の議論の中でアメリカのボッブ・マックドナルドは「我々は、世界中に数万個の工場式農場で陸の哺乳動物が入ってる檻にクジラも入れるべきと出張します」と述べ、前向きな議論を呼びかけました。

「いつ、どこでオキアミを狩る困難な事業や自分の子供を育児する面倒が無くなり、クジラのストレスを減らすことができる。」 檻に入っているクジラは自由をそもそも知らないため、公海で捕鯨する残酷な行為を根絶する手段であると反捕鯨委員は出張する。

「存在が分からないものを求めることが出来ないだろう」とマックドナルドが述べた。

[English]

Image: Flickr/Accessadvertising (edited by TRW)

LEAVE A REPLY