SHARE

豊田真由子衆議院議員は「騒ぎが沈静化するまで世間の目から逃れる」という病気から回復し、今週選挙活動を再び再開した。

豊田議員は埼玉県にある3つの駅を訪れ、選挙カーから降りて、メガホンを使いながら爆音で演説し、 ツルッパゲでない人たちだけにチラシを配った。

政治専門家によると、豊田氏は「毛髪のフサフサした人」をターゲットに今回は活動すると言う。

「髪のボリュームの多い国民にしかチラシを配っていなかった」と髪に見捨てられそうなサラリーマン、柴原弦太は言う。

さらに、「彼女の凄く近くまで歩いて寄ってみたら、見て見ぬ振りをされた。」と弦太は言う。

豊田議員は来週も様々な駅前で髪に恵まれている人達に演説するつもりだ。

[See English]

Image: AsahiShimbun

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here