SHARE

原子力産業調査により癌が増える証拠がなく、東京電力会社は喫煙の解禁年齢が現行の「20歳」から「18歳」に引き下げるよう推奨するレポートを出した。

信用性の低いサンプルや不足データに基づき、レポートは漠然とした科学的な結論に到達した。

「たばこを吸っている小児の数は総じて低いため、たばこにより小児がんが増加することはなさそうだ」と東電の代表者は説明した。

不透明な研究により有害物質の生産、促進の他道はないと主張した。だが、報告書は東電からの大多数の宣伝が不確実だと同時に認めた。

癌の原因となる証拠は出訴期間のずっと後に結論付けられた。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here