SHARE

東京都の立候補者は選挙カーの音量不足に困り、スピーカーが爆音を出せるよう改造して有権者を確保するというオリジナルの方式を思いついた。

下院議員候補者は動いている選挙カーでスピーチする事を禁じられているが、スピーカーの音量に規制は無いからだ。

「この作戦で私の名前は半径1km以内に居る人達全員に知れ渡るだろう」とアラフォーの立候補者は言う。

立候補者は単調な石焼き芋の歌もスピーカーから流し、彼の名前を石焼き芋の歌と提携させ,風味の良い、優しさ詰まった選挙運動を実行するつもりだ。

「選挙民が私の選挙カーとあの石焼き芋屋さんの懐かしいメロディーを無意識のうちに連携させれば、私もあのホクホクで甘くて美味しい石焼き芋屋さんの様に人々に好かれ、再選できる確率が上がるだろう」とアラフォーの彼は言う。

写: Flickr/Radiomacguys

[See English]

(Visited 443 times, 1 visits today)

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here