SHARE

毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、感染拡大防止のため、養鶏場で飼育されていた東北楽天ゴールデンイーグル を含む約23万羽の鶏が殺処分された。

クラッチ(楽天イヌワシ)は勇敢に「俺は家禽じゃない!」と叫びながら、自衛隊員の激しい追跡から逃れようと宮城球場を走り回った。

恐ろしい光景を目撃した若いファンの一人はクラッチの最後の言葉である「俺まだ元気だ!曲がり球だってまだ中速度で投げられるよ!」を耳にした。

「彼はいいやつだった。最高の鳥だった」と楽天代弁者は述べた。

羽ではなく腕があることが楽天イヌワシにとって致命的であった。

「野球場の壁が近づくにつれて、腕を強くばたつかせていたが、ついには地面に押し付けられてしまった光景を一生忘れることはできない。」と見物人は言った。

「1センチさえ飛び上がらなかった。」

お正月まで無家禽のようには見えない動物で新たなマスコットを作成する予定だと楽天代弁者は述べた。

[English Version]

写真: Imagineer

LEAVE A REPLY