国民は今夜の結果発表を夢中になって見ている

今夜、日本国民は全員、テレビの前で台風中継を夢中になって見ている。 「明日、台風で会社休みになってくれないかな」とサラリーマン、佐藤卓己は妻、なつみに19:48分頃言った。 「馬鹿じゃないの、あなたは家庭を支えなきゃ行けないんだから台風でも行きなさい!」と鬼嫁のなつみは言う。 しかし、最大風速40メートルの強い勢力を持った台風が上陸したら、傘をさす事など不可能だ。 「通勤中にビショビショになって会社入ったら怒られるからなー」と卓己は頭の中で思った。 「ウェットスーツを着てでもあなたは行きなさい」と画期的で斬新なアイデアをなつみは思いつき、卓己に言った。 嫁に逆らえない卓己は、プライドを捨ててでも明日ウェットスーツで会社にいつも通り通勤する決心した 。

立候補者、人々に名前を知られたく選挙カーのスピーカーを改造

東京都の立候補者は選挙カーの音量不足に困り、スピーカーが爆音を出せるよう改造して有権者を確保するというオリジナルの方式を思いついた。 下院議員候補者は動いている選挙カーでスピーチする事を禁じられているが、スピーカーの音量に規制は無いからだ。 「この作戦で私の名前は半径1km以内に居る人達全員に知れ渡るだろう」とアラフォーの立候補者は言う。 立候補者は単調な石焼き芋の歌もスピーカーから流し、彼の名前を石焼き芋の歌と提携させ,風味の良い、優しさ詰まった選挙運動を実行するつもりだ。 「選挙民が私の選挙カーとあの石焼き芋屋さんの懐かしいメロディーを無意識のうちに連携させれば、私もあのホクホクで甘くて美味しい石焼き芋屋さんの様に人々に好かれ、再選できる確率が上がるだろう」とアラフォーの彼は言う。 写: Flickr/Radiomacguys

安倍首相、新たな政策「安倍のミックス」を発表

総理大臣、安倍晋三はアベノミクスを「安倍のミックス」と改名し渋谷、六本木を中心にDJ活動をする方針を示した。 小池百合子氏が「ユリノミクス」を提唱して以来、安倍総理大臣は心変わりをしたという。 「小池百合子氏の、会社の利益に対する税金を増やすユリノミクス戦略から音楽を通じて、国民を彼女の政策からそらしたい」と安倍総理は記者に伝えた。 安倍総理は彼がパーティーを開催する事で人がお酒に金を使い、景気を徐々に回復させていくと意向を固めた。 麻生太郎氏によると、安倍総理は総理官邸で毎晩DJとしてのスキルを磨き、今や自分で曲を作れるまでになったと言う。 「憲法9条の改正で政権支持率が半分に切られてしまいましたが、私はパーティーを通じて、この逆風を乗り越えたい」と今朝、記者たちに伝えた。 来週、安倍総理は彼が初めてレコードしたミックスをSoundCloudにアップロードする予定だ。 写:Flickr/DJCaso (TRW編)

豊田真由子議員はハゲていない有権者にチラシを配る

豊田真由子衆議院議員は「騒ぎが沈静化するまで世間の目から逃れる」という病気から回復し、今週選挙活動を再び再開した。 豊田議員は埼玉県にある3つの駅を訪れ、選挙カーから降りて、メガホンを使いながら爆音で演説し、 ツルッパゲでない人たちだけにチラシを配った。 政治専門家によると、豊田氏は「毛髪のフサフサした人」をターゲットに今回は活動すると言う。 「髪のボリュームの多い国民にしかチラシを配っていなかった」と髪に見捨てられそうなサラリーマン、柴原弦太は言う。 さらに、「彼女の凄く近くまで歩いて寄ってみたら、見て見ぬ振りをされた。」と弦太は言う。 豊田議員は来週も様々な駅前で髪に恵まれている人達に演説するつもりだ。 Image: AsahiShimbun

お酒の消費が経済を押し上げる「プレミアムフライデー」

従業員に早めの退社を即し、酔っぱらいを促し、苦労して稼いだ給料を費やしてもらおうと、政府が行う「プレミアムフライデー」キャンペーンがいよいよ24日に始まった。 国会では、「少しだけ乾杯を!」と安倍首相が全国的なキャンペーン開始の号令をかけた。 すぐにお酒が回ってきた安倍首相は、4時30分ごろには、たった数時間で国家予算の大部分を勢い良く費やした。 https://www.youtube.com/watch?v=qD4M7I75bz4 日没近くには、安倍首相は支離滅裂な言葉で通話をしたり、よろよろ歩いたりしたことで、消費者にこのキャンペーンの自信を示した。これは心配なく支出を飛躍的に増大するためにも有るべき姿だろう。 「とりあえず、別の1兆円をディズニーエアーに充てられるべきだと思います。」と安倍首相は国会議員に主張した。 「この日本経済に矢を射りまくるぞ! 」と安倍首相は述べる。 今後は全国的に、合理的な思考が消費者のマインドを混乱させてしまう土曜日の朝までに経済が急進展することが見込まれる。

政治資金を使った舛添要一知事がハワイの生中継で謝罪

東京都の舛添要一知事が政治資金の支出についてハワイからの中継で謝罪した。 「ヤフーオークションに政治資金を使ってしまい申し訳ございませんでした」と舛添知事がパインアップルに入ってるピニャ・コラーダを飲みながら謝罪をした。 他人の金でオークションをするゾクゾクとした緊張感をさらに強めた。 「この花のレイはなんと300円だった、俺の金だったら少なくとも700円払ったでしょう。」 「本当におトクなバーゲンでした。」

北朝鮮、新攻撃ミサイルの目標が決まった:川内原発

北朝鮮は発射体の目標として– 川内原発 – を定めてくれたことに、日本政府に感謝の意を発表した。 今まで、攻撃ミサイルは日本全般を目標に発射されたが、東日本大震災以降、全国初の再稼働となった川内原発は金正恩(キム・ジョンウン)に新たな焦点を与えた。 「日本政府の真の脅迫になるという期待に応えようと努力したが、この新たな目標により、さらに可能性は拡大するだろう」と金正恩(キム・ジョンウン)が発表した。 活火山が近くにあることと、運転開始から30年を超えての稼働で問題が起こる確率が高いという事から、北朝鮮は川内原発が崩壊する前にミサイル攻撃を急ぐことだろう。

芸人が安保法案を議論する:政治家がお笑いに転職提案

お笑い芸人やタレントが安保法制について議論したうえに、安部首相初め、他の自民党議員は転職を考えさせられ、漫才に転業をしようと考えている。 最近の法制に対してお笑いを非常にウケたため自民党議員は自信満々だが、ついに最高の秘策を早くも使ってしまった恐れがある ― 例えば、「戦争に参加できればより平和になる」や「原発は東日本大震災の前より安全だ」などの笑いを誘うギャグだ。 「お笑い芸人に転身する前に、既に爆笑必至の冗談を出してしまったことは非常に残念だが、戦争イコール平和や原発が安全というギャグの人気は息長く続くであろうと自信持っている。」と安倍芸人が発表した。 晋三安倍は自民党の麻生太郎副総理兼財務相(74)とコンビを作る予定で、「2本の矢」(3本には1本足りない)や「ダブルA-Studio」や「Asobe(遊べ)」などのコンビ名を考えている。 安倍芸人は国の重要な政策の議論を促進するはずの政治家の仕事をしているお笑い芸人の笑福亭鶴瓶、松本人志やSMAPの中居正広を熱心に見習う法案だ。

OLDsはSEALDsより「利己的」、年上世代からこそ戦争にいくべき:武藤貴也

東京・巣鴨に集まった60~70代のOLDs(オールズ)は昨日(8日)安倍政権に対する抗議運動について、自民党の武藤貴也・衆院議員(36)は、SEALDsより利己的だとの思いを募らせている。 「若い人に比べ残された人生の少ない年配の人々なら、戦争に行っても構わないだろう」と武藤貴也は考えている。 「若者が戦争に行きたくないという、極端な自己中心的な考えは年配の人々に許さない思考法だ。」 「年配の人々が戦争に参加することは愛国心のためだけでなく、日本の経済にも好影響であり、高齢化社会の今、彼らが敵を殺しても、敵に殺されても、国のため好影響を与えると武藤貴也は密かに考えている。 「勿論、私は戦争に行きたい気持ちでいっぱいが、政治家として伝える仕事があるため、残念ながら戦争に行けない。」

「自分が崇高で利他的であるため日本の若者を戦争に送りたい」:武藤貴也衆院議員

自民党の武藤貴也・衆院議員(36)は7月30日、自分が崇高で利他的であるため日本の若者を戦争に送りたいとTwitterで主張した。 自民党の議員は「無私主義がここまで蔓延したのはエリート教育のおかげだろうと思う」と武藤貴也が書き込んだ。 一方で大学生らでつくる「自由と民主主義のための学生緊急行動」(SEALDs)について、平和が欲しくて、誰も戦争に送りたくないという見解が「自分中心、極端な利己的考え」と批判した。 若者や次世代の子供は戦争への参加を止めて、利己的に自分の社会の評判を危険にさらさないべきだと武藤貴也が述べた。政治家のように恐怖を利用し、近隣の関係が戦争の選択しかない。 「戦争に行けなんて誰も言ってい無いし思ってもいない。ただ、恐怖で民族が戦争に参加してくれる。」 「なぜ権利行使の限定容認が若者を戦場に送ることになるのか。そうはなりません。若者だけじゃなくて、次世代の子供も戦場に送ることになるだろう」と武藤貴也が述べた。

CONNECT WITH US

42,917FansLike
5,211FollowersFollow
4,143FollowersFollow