安倍首相「VS嵐」出演も大失敗

安倍首相が20日の「みんなのニュース」に生出演して安全保障関連法案について国民にアピールした後、さらに「VS嵐」に出演した。 安倍内閣支持率が39.3%、第2次政権発足以来低迷を極めており、テレビ出演で支持率を復活させるという計画だった。 だが、クリフクライムのゲームに大失敗し、上のほうまで登れたが、アドバイスを叫んだ視聴者の声を無視して、突然床に落下しました。 安倍首相の「VS嵐」に出演は悪影響を及ぼすだろうと専門家が判断している。 「ゲームの途中、嵐のリーダー大野智さんに安全保障関連法案を説明して混乱させた。大野さんがいつも通り喋らなかったが喋ったときに安倍首相が自分の目標に夢中になり、他人の声を聞かなかった。安倍首相の隣の相葉雅紀さんでも頭良く見えた。」と専門家が述べた。 今回のテレビ出演失敗を取り戻すために、安倍首相が「SASUKE2016」の出演を目指しトレーニングを始めると自民党(LDP)が発表した。

紙の自由、髪の自由に反論:作家の百田尚樹氏の両面作戦

自民党の若手議員が立ち上げた勉強会(25日)で、安倍晋三首相と親しい作家の百田尚樹氏がかみに強い批判の意を示した。 沖縄を始めとする、男性全員が自分自身のように美しいピカピカの頭になる方針を提案し、さらに「沖縄の二つの新聞紙は絶対つぶさなあかん」と髪と紙の両面作戦を発表した。 「かみは何も役に立つこともなく、邪魔になったり、苛立たせることしかしない」と百田尚樹氏を声明した。 「紙と髪をこらしめるには根本から切ればいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」との声が上がった。 安倍首相にも批判があり、髪が少しでも減らないと豆候補者に支援する可能性があると発言した。 「最近人望を集めている新候補者の豆候補者を支援すると考えています。豆候補者が素晴らしい頭をしていて、何も無駄なかみを持たない。」と百田尚樹氏は発表しました。

AKB48低投票率の中、急進的な立候補者が勝利

AKB48選抜総選挙の関心が低い中、それほど人気でもないチームJのメンバーが当選した。 選挙の結果、新当選者はAKB48憲法に強引な解釈変更を提案し、衝撃的な結末を迎える見通しだ。 新リーダーは、より攻撃的な立場をとり、敵のアイドルグループから守るために、平和主義的憲章を改正するとした。 提示された「平和支援法」によれば、集団的自衛権によりE-Girlsなどの他の大人気アイドルグループと協力し、業界のバランスを脅かしている他の新アイドルグループを潰すことを認めることになる。 「戦争を拡大することで、平和をもたらす新法律である」とチームJの新当選者は述べた。 新リーダーは、多くのメンバーが攻撃的な戦略に反対しても、この急進的な法律を強行的に制定する予定だ。  

CONNECT WITH US

42,917FansLike
5,211FollowersFollow
4,143FollowersFollow