安倍首相「VS嵐」出演も大失敗

安倍首相が20日の「みんなのニュース」に生出演して安全保障関連法案について国民にアピールした後、さらに「VS嵐」に出演した。 安倍内閣支持率が39.3%、第2次政権発足以来低迷を極めており、テレビ出演で支持率を復活させるという計画だった。 だが、クリフクライムのゲームに大失敗し、上のほうまで登れたが、アドバイスを叫んだ視聴者の声を無視して、突然床に落下しました。 安倍首相の「VS嵐」に出演は悪影響を及ぼすだろうと専門家が判断している。 「ゲームの途中、嵐のリーダー大野智さんに安全保障関連法案を説明して混乱させた。大野さんがいつも通り喋らなかったが喋ったときに安倍首相が自分の目標に夢中になり、他人の声を聞かなかった。安倍首相の隣の相葉雅紀さんでも頭良く見えた。」と専門家が述べた。 今回のテレビ出演失敗を取り戻すために、安倍首相が「SASUKE2016」の出演を目指しトレーニングを始めると自民党(LDP)が発表した。

「自分が崇高で利他的であるため日本の若者を戦争に送りたい」:武藤貴也衆院議員

自民党の武藤貴也・衆院議員(36)は7月30日、自分が崇高で利他的であるため日本の若者を戦争に送りたいとTwitterで主張した。 自民党の議員は「無私主義がここまで蔓延したのはエリート教育のおかげだろうと思う」と武藤貴也が書き込んだ。 一方で大学生らでつくる「自由と民主主義のための学生緊急行動」(SEALDs)について、平和が欲しくて、誰も戦争に送りたくないという見解が「自分中心、極端な利己的考え」と批判した。 若者や次世代の子供は戦争への参加を止めて、利己的に自分の社会の評判を危険にさらさないべきだと武藤貴也が述べた。政治家のように恐怖を利用し、近隣の関係が戦争の選択しかない。 「戦争に行けなんて誰も言ってい無いし思ってもいない。ただ、恐怖で民族が戦争に参加してくれる。」 「なぜ権利行使の限定容認が若者を戦場に送ることになるのか。そうはなりません。若者だけじゃなくて、次世代の子供も戦場に送ることになるだろう」と武藤貴也が述べた。

北朝鮮、新攻撃ミサイルの目標が決まった:川内原発

北朝鮮は発射体の目標として– 川内原発 – を定めてくれたことに、日本政府に感謝の意を発表した。 今まで、攻撃ミサイルは日本全般を目標に発射されたが、東日本大震災以降、全国初の再稼働となった川内原発は金正恩(キム・ジョンウン)に新たな焦点を与えた。 「日本政府の真の脅迫になるという期待に応えようと努力したが、この新たな目標により、さらに可能性は拡大するだろう」と金正恩(キム・ジョンウン)が発表した。 活火山が近くにあることと、運転開始から30年を超えての稼働で問題が起こる確率が高いという事から、北朝鮮は川内原発が崩壊する前にミサイル攻撃を急ぐことだろう。

電車で端の席にわざわざ移動するのは、席に座るだけでは物足りない?

他人の乗客に触れないよう、一つ横にあった端の席に移動した男がいた。 端の席は貴重な空間だと男は主張する。周囲の乗客から失礼だと思われたとしても、チャンスが生まれたら即座に反応しなければいけないと述べた。 「電車が混んでいるか混んでいないか構わない。端の席が空いていたら、素早く自分のものにしないと」と男は言った。 「ある友達は端の席が空いてるのに座らなかったことを数年遺憾に思い続けている。もしかしたら、一生に一度のチャンスだったかも知れないのに。 「道でティッシュを配られていたら、必然的にティッシュをもらってしまうように、空いている端の席を発見したら取るしかない。」  

無神経な女性がエスカレーターで右側に止まり、10秒の遅延起こる

エスカレーターの右側に立った女性(32)が5日、通勤者を妨げ、最大10秒の遅延を起こしたと確認された。 周囲の人々は、ぶつぶつと独り言を言い、ツイッターに愚痴を打ち、犯人の背中をじっと瞰、うっぷんを晴らした。 女性の行動は、右側を歩こうとした人々を立ち並ばせるという同調効果を引き起こした。 「エスカレーターで歩きたいのに歩けない」という現象は、通勤者にとって日常的に起こる一種の脅迫だと専門家は言う。 「最大限の努力を払って、早く進もうと右側に移動したのに、ある人が何の気なしに右側をストップさせている。こういうことが私の1日を台無しにする。」と通勤者は述べた。

OLDsはSEALDsより「利己的」、年上世代からこそ戦争にいくべき:武藤貴也

東京・巣鴨に集まった60~70代のOLDs(オールズ)は昨日(8日)安倍政権に対する抗議運動について、自民党の武藤貴也・衆院議員(36)は、SEALDsより利己的だとの思いを募らせている。 「若い人に比べ残された人生の少ない年配の人々なら、戦争に行っても構わないだろう」と武藤貴也は考えている。 「若者が戦争に行きたくないという、極端な自己中心的な考えは年配の人々に許さない思考法だ。」 「年配の人々が戦争に参加することは愛国心のためだけでなく、日本の経済にも好影響であり、高齢化社会の今、彼らが敵を殺しても、敵に殺されても、国のため好影響を与えると武藤貴也は密かに考えている。 「勿論、私は戦争に行きたい気持ちでいっぱいが、政治家として伝える仕事があるため、残念ながら戦争に行けない。」

AKB48低投票率の中、急進的な立候補者が勝利

AKB48選抜総選挙の関心が低い中、それほど人気でもないチームJのメンバーが当選した。 選挙の結果、新当選者はAKB48憲法に強引な解釈変更を提案し、衝撃的な結末を迎える見通しだ。 新リーダーは、より攻撃的な立場をとり、敵のアイドルグループから守るために、平和主義的憲章を改正するとした。 提示された「平和支援法」によれば、集団的自衛権によりE-Girlsなどの他の大人気アイドルグループと協力し、業界のバランスを脅かしている他の新アイドルグループを潰すことを認めることになる。 「戦争を拡大することで、平和をもたらす新法律である」とチームJの新当選者は述べた。 新リーダーは、多くのメンバーが攻撃的な戦略に反対しても、この急進的な法律を強行的に制定する予定だ。  

紙の自由、髪の自由に反論:作家の百田尚樹氏の両面作戦

自民党の若手議員が立ち上げた勉強会(25日)で、安倍晋三首相と親しい作家の百田尚樹氏がかみに強い批判の意を示した。 沖縄を始めとする、男性全員が自分自身のように美しいピカピカの頭になる方針を提案し、さらに「沖縄の二つの新聞紙は絶対つぶさなあかん」と髪と紙の両面作戦を発表した。 「かみは何も役に立つこともなく、邪魔になったり、苛立たせることしかしない」と百田尚樹氏を声明した。 「紙と髪をこらしめるには根本から切ればいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」との声が上がった。 安倍首相にも批判があり、髪が少しでも減らないと豆候補者に支援する可能性があると発言した。 「最近人望を集めている新候補者の豆候補者を支援すると考えています。豆候補者が素晴らしい頭をしていて、何も無駄なかみを持たない。」と百田尚樹氏は発表しました。

CONNECT WITH US

38,641FansLike
3,568FollowersFollow
3,303FollowersFollow