東京オリンピックの会場、2年前倒しで竣工

日本スポーツ振興センター(JSC)は、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設現場を報道陣に公開し、オリンピック開会の2年前に竣工したことを発表した。 高額な総工費のため一旦計画が白紙撤回されたあと、2016年12月に着工した際には1年ほど予定が遅れていたが、建築現場の作業員が身を粉にして短期間で安いスタジアムを建設した。 作業員の今後に関してJSCの望月氏は「他のものを1日12時間費やして建設すればよい。道路とか」とコメントした。 JSCによると、平均して1日約3,000人の作業員が働いていたが「アクシデント」によって人数は変動した。 翻訳: Yuki

男性会社員、頑張って働いているように見えるように頑張る

東京都内の会社勤めの男性が、頑張って働いているように見えるように頑張っていることが分かった。 男性は就業時間より15分早く出勤しているように見せるために、会社に15分早く到着した。 旗良木さん(37)は「上司が近くに来た時には、パソコンをガン見するようにしている」と語った。 旗良木さんは、ファックスが置いてあるコピー室に午前中だけでも4回行き、忙しいオーラを出し「生産的に働いている様子を経理の金子さんにアピールした」と話した。 さらに、最近生産性がないと批判を受けたLGBTモデルのファックスは、お気に入りだったにも関わらず使用しなかったこと明らかになった。 翻訳:...

主婦、夫に義理チョコを贈る

日本全国の主婦は、バレンタインデーの本日、夫から不要な質問をされるのを避けるために累計250億円相当の義理チョコレートを贈ることが分かった。 専業主婦の荒井沙羅(38)さんは「夫に送ったチョコレートは深い義理の気持ちからきています。でも年下の彼氏に贈ったクオリティーが高い明治ミルクチョコレートは、愛情がぎっしり詰まっています」と語った。 夫に義理チョコを贈ったあと沙羅さんは、義理夕食、義理皿洗い、義理肩こりマッサージ、さらには義理洗濯をしつつ一日中家の片づけをしながら子供の面倒見もした。 彼氏の 健二さん からのお返しは「優しさで十分です」と沙羅さんは言う。 地元大学のラグビーチームでキャプテンとして活躍している健二さんは、ホワイトデーに行くラブホテルをすでに予約している。 翻訳: Yuki Image: Pakutaso

Yahoo!ニュース、風刺をフェイクニュースと報道

Yahoo! JAPAN ニュースは、お酌に関する風刺記事のフェイクニュースを報道した。 このYahoo! JAPAN ニュースの記事は、NEWSポストセブンの記事が転載されたもの。記事の執筆者である中川淳一郎氏は、日本の伝統的なお酌の文化がオンライン上で批判を集めており、The Rising Wasabiによる偽ニュースが外国人をだまそうとしていると報じた。 取り上げられているのは、2016年にThe Rising Wasabiで公開された「メルケル独首相、G7の男性参加者からビールを注げと言われる」の記事。 中川氏は、The Rising Wasabiのことを「これは日本社会を英語でおちょくる偽ニュースだらけのサイト」と紹介し、多くの人がこの記事を読んで騙されたとしている。また、ジェンダー関連の話題はフェイクニュースでも一瞬で怒りを買い、偽ニュースであると見抜く判断力を鈍らせると報じている。

「超くそ暑いね」今年最高回数を突破

関東地方で「超くそ暑いね」の発言回数が今年最高を記録した。 午前10時26分に「超くそ暑いね」の平均発言回数が7回を超えた。 「超くそ暑いね」現象は「暑いね」現象にも似ており、「超くそ暑いね」という発言が自然と口から出てくることを指す。 在日歴6年のピーター・ゴダードさんは、エアコンが自動的にお掃除運転になり「超くそ暑いね」とつぶやいた。 「超くそ暑いね」現象はこの先数日間続く見込み。 翻訳: Yuki 写: Flickr

芸人が安保法案を議論する:政治家がお笑いに転職提案

お笑い芸人やタレントが安保法制について議論したうえに、安部首相初め、他の自民党議員は転職を考えさせられ、漫才に転業をしようと考えている。 最近の法制に対してお笑いを非常にウケたため自民党議員は自信満々だが、ついに最高の秘策を早くも使ってしまった恐れがある ― 例えば、「戦争に参加できればより平和になる」や「原発は東日本大震災の前より安全だ」などの笑いを誘うギャグだ。 「お笑い芸人に転身する前に、既に爆笑必至の冗談を出してしまったことは非常に残念だが、戦争イコール平和や原発が安全というギャグの人気は息長く続くであろうと自信持っている。」と安倍芸人が発表した。 晋三安倍は自民党の麻生太郎副総理兼財務相(74)とコンビを作る予定で、「2本の矢」(3本には1本足りない)や「ダブルA-Studio」や「Asobe(遊べ)」などのコンビ名を考えている。 安倍芸人は国の重要な政策の議論を促進するはずの政治家の仕事をしているお笑い芸人の笑福亭鶴瓶、松本人志やSMAPの中居正広を熱心に見習う法案だ。

カラオケ研究結果:多くの歌をグループのたった1人が歌う

パーティー団の中の1人は、社会的に容認できる平均19%を超える歌を歌うと8日、不穏なカラオケ研究報告が公表された。 この研究は団体の大きさとたった1人の歌う確率の正の相関をさらに明らかにした。マイク泥棒と言われるこのたった1人が、他の思いやりの参加者の負担でよけいに熱唱する―飲み放題プランだとマイク泥棒が特に周りの人が気づかないと計算する。 「昨晩、5人組でカラオケに行って、歌を入れようとしたけど、もう13曲が入っていた。さすが、マイク泥棒だなと思った」と匿名を希望するカラオケ好きな人が言った。 マイク泥棒はそこそこの声域を持つが、声がそこまで上手ではなく本当の歌う技術より自信を持つ態度を表す。 研究によるとマイク泥棒が口伝のカラオケ規則書を無視し、過大に曲を入れるため、他の人より練習を積むことで下手から平凡な歌手になる。 マイク泥棒が歌いながら立ち、歌の感動するところに目を閉じる特質があり、非常に分かりやすい人物である。

NHKどーもくんが「本気でボコボコにする」 最高裁初判断

最高裁大法廷は水曜日、テレビを所有しているにも関わらずNHK受信料を未支払いの世帯に対して、どーもくんが金属バットで殴ることを認める初判断をした。 男性は、2011年にNHKから受信料支払いの通知書を受け取ったが、拒否し続け、NHKから受信料20万円の支払いを求められ、提訴された。 最高裁は、NHK側の主張を全面的に認め、さらに、どーもくんが一般家庭に金属バットをもって乱入することを認める判断もした。 裁判長は、被告の男性側に対し、月曜日までに全額を支払わなければ、どーもくんが金属バットを持って、自宅に押し掛ける可能性があると述べ、「どーもくんが本気でボコボコにする」と忠告した。 水曜日の判決後、コンビニエンスストアのゴミ箱には、多くのテレビが不法投棄されている。 訳:Yuki Images: Flickr/Tanaka_Juuyoh, PicturesCafe

クリスマスツリー、都内で既に発見される

ハロウィンの騒ぎが終わってから24時間もたたないうちに、クリスマスツリーが都内で発見された。 地元市民によると、クリスマスツリーを飾るにもかかわらずクリスマス自体は祝わないとのこと。 「もうクリスマスの時期ですか」と町中を歩く人は白いクリスマスツリーを見て言った。 セクシーなカボチャの仮装をして渋谷で朝まで遊んでいた松尾文子(27)さんは、「チキンが食べたい」とクリスマスツリーを見ながら言った。 松尾さんは帰宅途中にKFCに立ち寄り、ワム!の「ラスト・クリスマス」を聞きながらチキンを食べた。 翻訳: Yuki

サラリーマン、豪華なゴルフスウィングを傘で見せる

東京に通勤するサラリーマンが、今日(11日)運のいい傍観者の前に黒い折り畳み傘で絶妙なゴルフスィングを見せた。 男性(53)は調子が良い、朝のラッシュアワーのピーク時にもかかわらず、ゴルフスイィング精一杯で何回も遂行した。 ゴルフにはまっている叔父さんを観察して感動した周辺の通勤者が多く、美しいゴルフスィングの前に立てると光栄に思った。 インコース後半にその日の働きの疲れの兆候があったが、辛抱強く一日中にわたってのプレイを達成した。 周りの見物人が静かになるくらいわくわくさせ、スーツ姿であんな流動性なプレイを見せて頂き、ぼうっとした鑑賞を味わった。 サラリーマンを正常労働時間の後前、雨の日に監視することができる。

CONNECT WITH US

42,412FansLike
4,636FollowersFollow
3,839FollowersFollow