紙の自由、髪の自由に反論:作家の百田尚樹氏の両面作戦

自民党の若手議員が立ち上げた勉強会(25日)で、安倍晋三首相と親しい作家の百田尚樹氏がかみに強い批判の意を示した。 沖縄を始めとする、男性全員が自分自身のように美しいピカピカの頭になる方針を提案し、さらに「沖縄の二つの新聞紙は絶対つぶさなあかん」と髪と紙の両面作戦を発表した。 「かみは何も役に立つこともなく、邪魔になったり、苛立たせることしかしない」と百田尚樹氏を声明した。 「紙と髪をこらしめるには根本から切ればいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」との声が上がった。 安倍首相にも批判があり、髪が少しでも減らないと豆候補者に支援する可能性があると発言した。 「最近人望を集めている新候補者の豆候補者を支援すると考えています。豆候補者が素晴らしい頭をしていて、何も無駄なかみを持たない。」と百田尚樹氏は発表しました。

カラオケ研究結果:多くの歌をグループのたった1人が歌う

パーティー団の中の1人は、社会的に容認できる平均19%を超える歌を歌うと8日、不穏なカラオケ研究報告が公表された。 この研究は団体の大きさとたった1人の歌う確率の正の相関をさらに明らかにした。マイク泥棒と言われるこのたった1人が、他の思いやりの参加者の負担でよけいに熱唱する―飲み放題プランだとマイク泥棒が特に周りの人が気づかないと計算する。 「昨晩、5人組でカラオケに行って、歌を入れようとしたけど、もう13曲が入っていた。さすが、マイク泥棒だなと思った」と匿名を希望するカラオケ好きな人が言った。 マイク泥棒はそこそこの声域を持つが、声がそこまで上手ではなく本当の歌う技術より自信を持つ態度を表す。 研究によるとマイク泥棒が口伝のカラオケ規則書を無視し、過大に曲を入れるため、他の人より練習を積むことで下手から平凡な歌手になる。 マイク泥棒が歌いながら立ち、歌の感動するところに目を閉じる特質があり、非常に分かりやすい人物である。

AKB48低投票率の中、急進的な立候補者が勝利

AKB48選抜総選挙の関心が低い中、それほど人気でもないチームJのメンバーが当選した。 選挙の結果、新当選者はAKB48憲法に強引な解釈変更を提案し、衝撃的な結末を迎える見通しだ。 新リーダーは、より攻撃的な立場をとり、敵のアイドルグループから守るために、平和主義的憲章を改正するとした。 提示された「平和支援法」によれば、集団的自衛権によりE-Girlsなどの他の大人気アイドルグループと協力し、業界のバランスを脅かしている他の新アイドルグループを潰すことを認めることになる。 「戦争を拡大することで、平和をもたらす新法律である」とチームJの新当選者は述べた。 新リーダーは、多くのメンバーが攻撃的な戦略に反対しても、この急進的な法律を強行的に制定する予定だ。  

無神経な女性がエスカレーターで右側に止まり、10秒の遅延起こる

エスカレーターの右側に立った女性(32)が5日、通勤者を妨げ、最大10秒の遅延を起こしたと確認された。 周囲の人々は、ぶつぶつと独り言を言い、ツイッターに愚痴を打ち、犯人の背中をじっと瞰、うっぷんを晴らした。 女性の行動は、右側を歩こうとした人々を立ち並ばせるという同調効果を引き起こした。 「エスカレーターで歩きたいのに歩けない」という現象は、通勤者にとって日常的に起こる一種の脅迫だと専門家は言う。 「最大限の努力を払って、早く進もうと右側に移動したのに、ある人が何の気なしに右側をストップさせている。こういうことが私の1日を台無しにする。」と通勤者は述べた。

CONNECT WITH US

38,568FansLike
3,555FollowersFollow
3,305FollowersFollow