AKB48低投票率の中、急進的な立候補者が勝利

AKB48選抜総選挙の関心が低い中、それほど人気でもないチームJのメンバーが当選した。 選挙の結果、新当選者はAKB48憲法に強引な解釈変更を提案し、衝撃的な結末を迎える見通しだ。 新リーダーは、より攻撃的な立場をとり、敵のアイドルグループから守るために、平和主義的憲章を改正するとした。 提示された「平和支援法」によれば、集団的自衛権によりE-Girlsなどの他の大人気アイドルグループと協力し、業界のバランスを脅かしている他の新アイドルグループを潰すことを認めることになる。 「戦争を拡大することで、平和をもたらす新法律である」とチームJの新当選者は述べた。 新リーダーは、多くのメンバーが攻撃的な戦略に反対しても、この急進的な法律を強行的に制定する予定だ。  

無神経な女性がエスカレーターで右側に止まり、10秒の遅延起こる

エスカレーターの右側に立った女性(32)が5日、通勤者を妨げ、最大10秒の遅延を起こしたと確認された。 周囲の人々は、ぶつぶつと独り言を言い、ツイッターに愚痴を打ち、犯人の背中をじっと瞰、うっぷんを晴らした。 女性の行動は、右側を歩こうとした人々を立ち並ばせるという同調効果を引き起こした。 「エスカレーターで歩きたいのに歩けない」という現象は、通勤者にとって日常的に起こる一種の脅迫だと専門家は言う。 「最大限の努力を払って、早く進もうと右側に移動したのに、ある人が何の気なしに右側をストップさせている。こういうことが私の1日を台無しにする。」と通勤者は述べた。