芸人が安保法案を議論する:政治家がお笑いに転職提案

お笑い芸人やタレントが安保法制について議論したうえに、安部首相初め、他の自民党議員は転職を考えさせられ、漫才に転業をしようと考えている。 最近の法制に対してお笑いを非常にウケたため自民党議員は自信満々だが、ついに最高の秘策を早くも使ってしまった恐れがある ― 例えば、「戦争に参加できればより平和になる」や「原発は東日本大震災の前より安全だ」などの笑いを誘うギャグだ。 「お笑い芸人に転身する前に、既に爆笑必至の冗談を出してしまったことは非常に残念だが、戦争イコール平和や原発が安全というギャグの人気は息長く続くであろうと自信持っている。」と安倍芸人が発表した。 晋三安倍は自民党の麻生太郎副総理兼財務相(74)とコンビを作る予定で、「2本の矢」(3本には1本足りない)や「ダブルA-Studio」や「Asobe(遊べ)」などのコンビ名を考えている。 安倍芸人は国の重要な政策の議論を促進するはずの政治家の仕事をしているお笑い芸人の笑福亭鶴瓶、松本人志やSMAPの中居正広を熱心に見習う法案だ。

カラオケ研究結果:多くの歌をグループのたった1人が歌う

パーティー団の中の1人は、社会的に容認できる平均19%を超える歌を歌うと8日、不穏なカラオケ研究報告が公表された。 この研究は団体の大きさとたった1人の歌う確率の正の相関をさらに明らかにした。マイク泥棒と言われるこのたった1人が、他の思いやりの参加者の負担でよけいに熱唱する―飲み放題プランだとマイク泥棒が特に周りの人が気づかないと計算する。 「昨晩、5人組でカラオケに行って、歌を入れようとしたけど、もう13曲が入っていた。さすが、マイク泥棒だなと思った」と匿名を希望するカラオケ好きな人が言った。 マイク泥棒はそこそこの声域を持つが、声がそこまで上手ではなく本当の歌う技術より自信を持つ態度を表す。 研究によるとマイク泥棒が口伝のカラオケ規則書を無視し、過大に曲を入れるため、他の人より練習を積むことで下手から平凡な歌手になる。 マイク泥棒が歌いながら立ち、歌の感動するところに目を閉じる特質があり、非常に分かりやすい人物である。