89%のハゲている外国人はブルース・ウィリス似

東京大学の研究員は、ハゲている外国人男性の89%はブルース・ウィリスに激似だと発表した。 1万人を対象にした調査したところ、「ダイ・ハード」シリーズのハゲている外国人を連想するという回答が最多だった。 東京大学の鈴木徳子教授は「私たちの研究によると、ハゲている白人は基本全員ブルース・ウィリスです」と語った。 さらに、ハゲている外国人はテロや強盗などの緊急事態での支援要請を受けていることも分かった。 また、クリスマスの時期は毎年「ダイ・ハード」が放送され、若いハゲ外国人にとって気が遠くなる時期である。 都内在住の田中由美(18)さんは「クリスマスと言えばブルース・ウィリスとケンタッキー・フライド・チキンでしょう。イッピカイエー、くそったれ!」とコメントしました。 残りの11%の回答は、ヴィン・ディーゼルまたはチャーリー・ブラウンで割れた。 翻訳: Yuki

今年「暑いね」最高回数を突破

関東地方で「暑いね」という言葉を口にした回数が今年の最高となる記録した。 今日午後0時10分、東京都民一人当たりの「暑いね」発言回数が7回を超えた。 「暑いね」現象は「寒いね」現象とよく似ており、当然のことを言っているが、異常気象があるため、話しても楽にならない。とはいえ、当たり前のことを言うのはコントロールできない誘惑がある。 「暑いね」発言を受け取った人物は「暑いね」を繰り返すか「そうですね」としか言うしかできない。そして、「暑いって当たり前だよ!」と自分で思いながらも、数分後、自分も同じ罪を活かし、他人に同じ発言を言い出す。 今週中にも「暑いね」発言は同じように続く見通しだ。もちろん、来週も。そして次の数ヶ月も。 写:Pakutaso

【速報】 会社員が上司に「お前がやれよ」と発言

都内勤務の会社員は、上司から村本株式会社の案件に関して追加書類を提出するように言われ完全に我を失った。 杉山巧さんは「あーもー。先週全く同じ内容の資料を5つもファックスしたのに」と嘆いた。 上司は杉山さんの意見は聞いておらず、どれだけ効率が悪いように見ても下っ端の杉山さんは指示に従う必要があることを詳細に説明した。 その瞬間、社長すらも杉山さんの堪忍袋を結んでいた紐が本当に切れたのが見えた。 「お前がやれよ」と杉山さんは言った。 次の日から、杉山さんの同僚が村本案件とその他の杉山さんが関わっていた業務を引き取ることになった。 Image: Pakutaso 翻訳: Yuki

ワールドカップの応援、制御不可能に、 サラリーマン1分遅刻

サッカーワールドカップ ロシア大会の日本代表の応援が、手に負えなくなっている。日本代表が1次リーグを突破した翌日、多くのサラリーマンが1~60秒も遅刻したことが分かった。 会社員の一人は「異常事態だ。田中さんが27秒も遅刻したのを見た」と話した。 日本全国の会社員は、会社の規則を無視したとして減給処分を受けた。 午前9時00分27秒に出社した田中さんは「平日にも関わらず遊んでしまい、申し訳ございません」と上司に謝罪した。 英語を話さない白人に負けたにも関わらず、日本代表はセネガル代表より人が良かったので1次リーグを突破した。 ファンの一人は「日本代表は良い人に見えるかもしれないが、得点表をずっとのぞき見して、残り時間をしつこくセクハラしていた」と語った。 Image: Reuters 翻訳: Yuki

市役所職員、勤務中にトイレに行き減給処分

勤務時間中に離席しトイレに行った神戸市役所職員が、減給処分を受けたことが分かった。 市役所の担当者は、神戸市水道局勤務の該当職員は出勤する前に用を足すか、指定された昼休憩の間にトイレに行くべきだったと指摘した。 「昼休憩は正午から1時間。問題の職員は11時57分にトイレに行った」と担当者は説明した。 新保出来淙(64)さんは、半日分の減給処分を受けた。 謝罪会見で役所担当者は「このような過ちがあったことを残念に思うとともに、ご迷惑をおかけした皆様にお詫びを申し上げます」と陳謝した。 同市役所によると、新保さんは就業時間中は業務のみに専念すべきという地方公務員法の規定違反をした。 翻訳: Yuki

コーヒー色をした水、アサヒから新発売

クリア・ミルクティーやクリア・ラテの成功を受け、アサヒはコーヒー色の水を新発売した。 会見の場でアサヒの秋吉浩二CEOは、新製品考案に6週間しかかからなかったと述べた。「その日3回目の会議でクリア・ラテの成功に浸っていた時に、コーヒー色をした水の案がでた」とコメントした。 その後3週間さらに朝から晩まで会議を行い、不透明で茶色の着色料を決定。 しかし茶色の水はオンラインで賛否を集めた。 Twitter上では、「水をコーヒーで薄めた味がする」「マジで頭がいい。水みたいだけど、不透明な茶色の水なんだ」「味も見た目もクソみたい」などのツイートが投稿された。 栄養素ゼロのコーヒー色をした水は、日本全国のコンビニで現在発売中。 翻訳: Yuki

ビニール袋に貼られたビニールテープ

Tシャツを1枚買った客に対して、ビニール袋にさらにビニールが貼られたことが15日分かった。 万引 隆(38)さんは「あのビニールテープがなければ、Tシャツがどうなっていたことか」と語った。 客は誰一人とビニールテープの存在意義を知らないが、テープが貼られることによってより「おもてなし」を感じることができるという。 「ビニール袋の上が閉じられていると購入品が守られている気がする」「つい最近、テープが貼られていなかったことがあって、ズボンが袋から這い上がってなくしてしまった」といった意見が集められた。 店長は、テープを貼ることは客に対する重要なサービスであるとともに、礼儀正しく「盗むんじゃねえよ」ということを伝える方法でもあると語った。 翻訳: Yuki

JAXA、ハローキティ―号を打ち上げ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4日(月)、ハローキティ―号を30日(土)に内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)で打ち上げることを発表した。 JAXA山本 静夫 副理事長は、ピンクで装飾された会見場で、ピンクの演壇に置かれたピンクのマイクに向かい「140トンもの可愛さが宇宙にぶっ飛ぶ」と語った。 会見では、ロケットの全貌と斬新なハローキティ―宇宙服も公開された。 ハローキティ―のスマートフォンケースを使っている坂本恵子(48)さんはツイッターで「えー。かわいいんだけど」とつぶやいた。 恵子さんの夫でハローキティ―のベッドシーツを愛用している啓介(50)さんも「かわいいー!!」とコメントをした。 山本 副理事長は、軌道に乗ったハローキティ―号は数百年以上も飛行すると語り、「このミッションは、人間にとっては小さな一歩だが、可愛いさにとっては偉大な一歩だ」とコメントした。 米航空宇宙局(NASA)のジェレミー・ボガート氏は、アメリカは日本の可愛さのレベルの高さには到底勝てないと語り、「あれは可愛すぎるだろう」とコメントした。 翻訳: Yuki

2020年東京オリンピックに向け、外人専用車両を導入

2020年東京オリンピックに向けて東日本旅客鉄道(JR東日本)は、混雑する都内の路線に関して外人専用車両を導入することを発表した。 外人専用車両は外人による迷惑行為を減少させるため、朝の通勤ラッシュの時間帯に最後尾の車両に設置される。 JR東日本深沢祐二社長は「この車両は混雑によって生じる騒音を解消するために導入される」と述べた。 またウエストポーチを愛用している観光客に対しては、ラッシュ時の電車の使用を避けるように求めた。 公式文書の中で深沢社長は「早朝からウエストポーチを見たい人はいない」とコメントした。 2016年に外人専用車両が導入された大阪の通勤者は、東京の通勤者に対して同車両に乗らないように助言をした。間違って乗車してしまった大阪の通勤者は、無性に「ハグをしたくなる」「パーティーしたくなる」「オーバーリアクションしたくなる」衝動に駆られたと証言している。 翻訳: Yuki

92%の既婚男性、1つ以上の電車の席の壁と親密な関係を持つ

約90%の会社員男性が、電車の端の席の壁と親密な関係にあることが、2日に発表された調査で明らかになった。また、その親密度は妻以上であることも分かった。 研究員の平内龍之介(33)氏は「驚く数の会社員男性が、 1〜2つの壁と浮気をしている」と語った。 この調査によって男性の間ではびこっている妄想が、加速している高齢化社会に影響を与えていることが明らかになった。 平内氏は「半数の会社員男性は、長い一日の終わりに端の席の壁に迫れるのを楽しみにしている」と見解を述べた。 また、壁と妻のどちらと寝たいかと聞いたところ、ほとんどの男性が壁と回答した。 翻訳: Yuki

CONNECT WITH US

24,655FansLike
2,027FollowersFollow

POPULAR

人気

湿度100%を観測