電車で端の席にわざわざ移動するのは、席に座るだけでは物足りない?

他人の乗客に触れないよう、一つ横にあった端の席に移動した男がいた。 端の席は貴重な空間だと男は主張する。周囲の乗客から失礼だと思われたとしても、チャンスが生まれたら即座に反応しなければいけないと述べた。 「電車が混んでいるか混んでいないか構わない。端の席が空いていたら、素早く自分のものにしないと」と男は言った。 「ある友達は端の席が空いてるのに座らなかったことを数年遺憾に思い続けている。もしかしたら、一生に一度のチャンスだったかも知れないのに。 「道でティッシュを配られていたら、必然的にティッシュをもらってしまうように、空いている端の席を発見したら取るしかない。」  

カラオケ研究結果:多くの歌をグループのたった1人が歌う

パーティー団の中の1人は、社会的に容認できる平均19%を超える歌を歌うと8日、不穏なカラオケ研究報告が公表された。 この研究は団体の大きさとたった1人の歌う確率の正の相関をさらに明らかにした。マイク泥棒と言われるこのたった1人が、他の思いやりの参加者の負担でよけいに熱唱する―飲み放題プランだとマイク泥棒が特に周りの人が気づかないと計算する。 「昨晩、5人組でカラオケに行って、歌を入れようとしたけど、もう13曲が入っていた。さすが、マイク泥棒だなと思った」と匿名を希望するカラオケ好きな人が言った。 マイク泥棒はそこそこの声域を持つが、声がそこまで上手ではなく本当の歌う技術より自信を持つ態度を表す。 研究によるとマイク泥棒が口伝のカラオケ規則書を無視し、過大に曲を入れるため、他の人より練習を積むことで下手から平凡な歌手になる。 マイク泥棒が歌いながら立ち、歌の感動するところに目を閉じる特質があり、非常に分かりやすい人物である。