GW初日、働きすぎの会社員が妻と子供に名刺を渡す

GWの初日に、働きすぎの会社員が妻と子供に名刺を渡し、自己紹介をしたことが明らかになった。 「初めまして。三菱商事の田中直樹です。」と3歳の娘に挨拶をした。 また「お前の父はワシだ」と告白した。 田中さんは、金曜日の午前中を使い、2人の子供と27年間結婚している妻に自分が誰かを説明した。 「このおっさんは誰だ?なんで私の家にいるんだ?と思いました」と妻は述べた。 田中さんの黄金の玉は会社が所有しているが、春のこの期間、妻と共有できることから、ゴールデンウィークと呼ばれている。 訳: Yuki

初の「ガイジンカフェ」が原宿にオープン

多くの人が待ち望んだ初の安全な環境下で外国人と間近で親密に触れあえる「ガイジンカフェ」が原宿に本日オープンしました。 昨晩から、ガイジンに近づいたり、小さい頭をなでるために、多くの外人ファンが列を作って並んだ。 「珍しい金髪メスガイジンは一番タイプ。あの子がちょー自信家で元気いっぱいだった。」と1人の客が述べた。 外人をちらっと見るためだけに少し離れてカフェの窓からのぞく人もいた。 ガイジンと30分遊び放題は1500円で、常に繋がらなくてもいいことを安心感に売っている。 地方自治体は市民に全てのガイジンが隔離され、オスが去勢されたことを保証した。

サラリーマン、豪華なゴルフスウィングを傘で見せる

東京に通勤するサラリーマンが、今日(11日)運のいい傍観者の前に黒い折り畳み傘で絶妙なゴルフスィングを見せた。 男性(53)は調子が良い、朝のラッシュアワーのピーク時にもかかわらず、ゴルフスイィング精一杯で何回も遂行した。 ゴルフにはまっている叔父さんを観察して感動した周辺の通勤者が多く、美しいゴルフスィングの前に立てると光栄に思った。 インコース後半にその日の働きの疲れの兆候があったが、辛抱強く一日中にわたってのプレイを達成した。 周りの見物人が静かになるくらいわくわくさせ、スーツ姿であんな流動性なプレイを見せて頂き、ぼうっとした鑑賞を味わった。 サラリーマンを正常労働時間の後前、雨の日に監視することができる。

電車で端の席にわざわざ移動するのは、席に座るだけでは物足りない?

他人の乗客に触れないよう、一つ横にあった端の席に移動した男がいた。 端の席は貴重な空間だと男は主張する。周囲の乗客から失礼だと思われたとしても、チャンスが生まれたら即座に反応しなければいけないと述べた。 「電車が混んでいるか混んでいないか構わない。端の席が空いていたら、素早く自分のものにしないと」と男は言った。 「ある友達は端の席が空いてるのに座らなかったことを数年遺憾に思い続けている。もしかしたら、一生に一度のチャンスだったかも知れないのに。 「道でティッシュを配られていたら、必然的にティッシュをもらってしまうように、空いている端の席を発見したら取るしかない。」  

カラオケ研究結果:多くの歌をグループのたった1人が歌う

パーティー団の中の1人は、社会的に容認できる平均19%を超える歌を歌うと8日、不穏なカラオケ研究報告が公表された。 この研究は団体の大きさとたった1人の歌う確率の正の相関をさらに明らかにした。マイク泥棒と言われるこのたった1人が、他の思いやりの参加者の負担でよけいに熱唱する―飲み放題プランだとマイク泥棒が特に周りの人が気づかないと計算する。 「昨晩、5人組でカラオケに行って、歌を入れようとしたけど、もう13曲が入っていた。さすが、マイク泥棒だなと思った」と匿名を希望するカラオケ好きな人が言った。 マイク泥棒はそこそこの声域を持つが、声がそこまで上手ではなく本当の歌う技術より自信を持つ態度を表す。 研究によるとマイク泥棒が口伝のカラオケ規則書を無視し、過大に曲を入れるため、他の人より練習を積むことで下手から平凡な歌手になる。 マイク泥棒が歌いながら立ち、歌の感動するところに目を閉じる特質があり、非常に分かりやすい人物である。