気象庁は本日、全国の公園における泥酔予想を発表した。どんちゃん騒ぎをする人たちが乾杯のビールを飲むのは、2ヶ月先である。

「気象庁の最新のシステムによると、何百人もの国民が数カ月分のストレスを縦4メートル横2メートルのブルーシートの上で発散する予想」と同庁の藤井洋子氏は記者会見で発表した。

2018年の泥酔予想は、2017年より1週間も早く発表された。

藤井氏は、響を飲んだ後にテキーラのショットをするのが待ち遠しいとコメントした。

代々木公園の絶景スポットを確保するために、藤井氏が会見前にブルーシートを敷いたことも明らかになった。

翻訳: Yuki

写: WeatherNews (編TRW)

[See English]

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here