シンガポールで開催されている東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席している安倍晋三首相は、14日の午後、ロシアのプーチン大統領と日露首脳会談を行ったが、引き続きプーチン大統領の母国語が何か分かっていない。

厳密に言えばいまだにロシアと戦争中のため、安倍首相はプーチン大統領と平和条約を議論することを試みた。安倍首相が選んだ言語は、英語だった。

安倍首相は、指でピースをしながら、プーチン大統領に「Peace? You. Me. Peace?(平和?あなた。私。平和?)」と言った。

プーチン大統領は「安倍首相が優先事項だと考えている物事も含め、ロシアがどのように協力できるかこの場を使って話せることを嬉しく思う」とロシア語で答えた。

「ピース?」と安倍首相は答えた。

プーチン大統領は安倍首相を凝視した。

さらに安倍首相は「英語はロシアを持っていますか?」と英語で問いかけた。

プーチン大統領の通訳者は、平和のために翻訳をしなかった。

安倍首相は、会談の最後にプーチン大統領に「美しいロシア人女性たち」に関して感謝の意を表した。

「ロシアのおかげで、スナックが人手不足になることはない」と言った。

翻訳: Yuki
Image: AFP

[See English]