社会

【スキャンダル】男性、梅の木の下で酔っぱらう

都内在住の男性は12日、「くそくらえ」と言い、 梅の木の下で飲み始めた。 男性は「もう桜は待てない」と言ったのち、桜と梅に大した違いはないという過激な意見を述べた。 男性は「どっちも果物だろ」と言い放った。 何人かの目撃者は男性の協調性のなさに嫌悪感を覚えた。 「桜は明らかに花びらの先端に小さな切れ目があり、梅の花にはその切れ目はない」と目撃者の一人は証言した。 Image: Pakutaso, Flickr/smwhang 翻訳: Yuki

【速報】マスクの女性、可愛い可能性大

大阪市内(7日)でマスクをつけて歩いていた女性が、可愛いかもしれないオーラを発していた。 多くの男性は、マスクをしている女性が「めっちゃ可愛い」可能性を探るために、膨大な時間をかけた経験を持つ。大阪市内の女性は、その被害者たちにトラウマを彷彿とさせた。 女性とすれ違った男性は、「あの子は本当に可愛いかもしれない。目から判断して、マスクの下には整った鼻と口が隠れている可能性が高い」と強調した。 その他の被害者は引き続き、苦悩を感じながら、マスクをした女性が可愛いか自問自答している。 翻訳: Yuki

公園での泥酔予測を発表【2018年版】

気象庁は本日、全国の公園における泥酔予想を発表した。どんちゃん騒ぎをする人たちが乾杯のビールを飲むのは、2ヶ月先である。 「気象庁の最新のシステムによると、何百人もの国民が数カ月分のストレスを縦4メートル横2メートルのブルーシートの上で発散する予想」と同庁の藤井洋子氏は記者会見で発表した。 2018年の泥酔予想は、2017年より1週間も早く発表された。 藤井氏は、響を飲んだ後にテキーラのショットをするのが待ち遠しいとコメントした。 代々木公園の絶景スポットを確保するために、藤井氏が会見前にブルーシートを敷いたことも明らかになった。 翻訳: Yuki 写: WeatherNews (編TRW)

主婦、夫に義理チョコを贈る

日本全国の主婦は、バレンタインデーの本日、夫から不要な質問をされるのを避けるために累計250億円相当の義理チョコレートを贈ることが分かった。 専業主婦の荒井沙羅(38)さんは「夫に送ったチョコレートは深い義理の気持ちからきています。でも年下の彼氏に贈ったクオリティーが高い明治ミルクチョコレートは、愛情がぎっしり詰まっています」と語った。 夫に義理チョコを贈ったあと沙羅さんは、義理夕食、義理皿洗い、義理肩こりマッサージ、さらには義理洗濯をしつつ一日中家の片づけをしながら子供の面倒見もした。 彼氏の 健二さん からのお返しは「優しさで十分です」と沙羅さんは言う。 地元大学のラグビーチームでキャプテンとして活躍している健二さんは、ホワイトデーに行くラブホテルをすでに予約している。 翻訳: Yuki Image: Pakutaso

16種類もある漢字の読み方の原因は、ドSの平安貴族

「生」という漢字に16種類の読み方があるのは、ドSの平安貴族に責任があることが新しい研究で発表された。 この発表によると、このドSの貴族は他の人が苦しむのに快楽を感じていたことが分かった。またその貴族は、着痩せ効果のために常に黒一色でコーディネートしていた。 「生」の読み方には、「しょ」「せい」「い(きる)」「う(まれる)」「お(う)」「は(える)」「き」「なま」「な(る)」「む(す)」などが含まれる。またその他にも日常生活では一切使われない読み方もある。 「新たに発見された絵巻によると、この平安貴族は二畳台に座りながら悪意のある読み方を作り出していた」と一人の学者は言う。 学者たちは、一つの漢字で「せい」「なま」「き」など多くの読み方を生み出したこの貴族の精神状態を疑問視した。 「この絵巻からは、手に扇子を持った無情な貴族が気取りながら新しい読み方を生み出している様子が分かる」と説明した。 「快楽のための読み方の熟考」と題された平安貴族の絵巻は、東京国立博物館にて1月下旬から展示が始まる。 翻訳: Yuki

【速報】収集前日の夜にごみが廃棄される

足立区の住宅街で、ごみ袋が収集前日の夜に廃棄されているのが発見された。 本件に関して今日、町内会は緊急会議を招集した。複数の目撃者の証言によると、問題のごみ袋は収集予定の6時間前にはすでに捨てられていたという。 近所のおばさんは、ごみを出している瞬間を写真と動画で撮影し、指紋採集にも成功した。 芝松智子(55)さんは「ゴミ袋の中には牛乳パックも入っていた。洗って、切り開いて、きれいに積んで、蝶々結びしないなんて信じられない」と発言した。 芝松さんは、来月にでもすべての証拠を近所の交番に提出する予定。 翻訳: Yuki

会社員男性、自分の土産を食す

16日午後、小腹が空いた東京都港区の会社員男性が、同僚のために買ってきた土産を自ら食べたことが分かった。 中田洋二さん(39)は「1袋目の白い恋人を完食した後は、どうでもよくなっていた。1つだろうが2つだろうが変わりはしない」と証言した。 18袋入りの白い恋人の箱を午後3時に開封し、3時2分には2袋目に手を付けていた。 当初は、特定の人に対して買ったものではないと自分に言い聞かせていたが、心の底では凶悪行為を犯したことを認識していた。 「もう罪悪感に耐え切れない。中田家の名前に泥を塗った気持ちだ」と5袋目の袋を開けつつ言った。 最終的に白い恋人の大半を食べた中田さんは、罪の意識を和らげるために数人の同僚に余りを配った。 翻訳: Yuki Image: Flickr/Oxborrow

通勤中の男性、昨日のラッシュアワー以来初めて人に触れる

今朝、通勤中の都内在住の男性が、昨日の夕方のラッシュ以来初めて人の肌の温もりに触れたことが分かった。 鳩山太郎(52)さんは「知らない中年男性に、優しく、かつしっかりとした手つきで押される感覚は他に例えようがない」と言う。 特に、純白の手袋に包まれた手が一番だという。 このような高揚感は、都心ではパズル&ドラゴンズを通じた人間とドラゴンの間でしか得られない。 「最後に人の心拍を体で感じたのはいつだろう。一呼吸、一つの動作がみぞおちで感じられる」と鳩山さんは自分の顔から7cm前にいる男性を見ながら思った。 5人の乗車客に囲まれた24分間のうち、常に誰かと体が触れ合っていった。 翻訳: Yuki

超ダーク・マスク、薬局で新発売

マツモトキヨシホールディングスが新発売した超ダーク・マスクが、若い女性たちの間で人気を集めている。 人気の理由は、ダークサイドに堕ち、公共の場で顔を隠す事によって力を感じられることが挙げられる。 八田春香(35)さんは「顔が一切見えないから超ダーク・マスクが大好き」と言う。 一部の男性は、マスクを使用している女性がすっぴんで外出していることを指摘し「みっともない」と不快に感じている。 会社員の田中守(58)さんは「最近の女性は目の周りしか化粧しない人もいるのに、このマスクでは化粧していなくても分からない。とても失礼だ」と言う。 超ダーク・マスクの価格は1,499円(税抜き)。 翻訳: Yuki Image: Flickr/Zumfelde

米ユーチューバー、吊るし照明で顔の骨格を美しく照らした謝罪動画を投稿

米国ユーチューバーのローガン・ポール氏は、謝罪動画を再び投稿した。また、柔らかい光を演出するために吊るし照明を使用したことも分かった。 ポール氏は、吊るし照明を使った柔らかい光のもと動画を撮影し、深い骨格を際立てながら謝罪をした。 動画には約2分の貴重な広告が含まれていた。 https://www.youtube.com/watch?v=QwZT7T-TXT0 すでに3,000万回以上再生されている動画でポール氏は「再生中に出てくるユーチューブ広告を尊重せず申し訳ない」と謝罪した。 また、背景をぼかし自分の美しい金髪を際立たせたことは謝罪しないとコメントした。 翻訳: Yuki 写: YouTube/LoganPaulVlogs

CONNECT WITH US

22,732FansLike
1,957FollowersFollow

POPULAR

人気