不注意な通勤中の男性は19日、池袋駅で券売機に向かいながら自分のICカードの残金不足を痛感した。

男性は「私の過ちを真摯にお詫びします」という表情をしつつ頭を下げ、改札口を反対方向に歩いた。

しかし男性の深い後悔の表情は、隣の改札口を強制的に通ることになった人たちの苦痛を和らげることはなかった。

隣の改札口を使うことによって2秒も時間を失った通勤者の1人は「この馬鹿なヤツ、まじで何してんの」と男性をにらみつけた。

男性はSuicaに3,000円の入金をし、この先1週間だけは同じような過ちが起こらないようにした。

翻訳: Yuki

[See English]

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here