ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表の選手4人が20日、日本人ではない女性を買春したとして帰国したと、日本選手団の山下泰裕団長(61)が語った。

「売春したのはアジア人の女性でした。申し訳ございませんでした」と山下団長は謝罪した。

在留邦人男性に路上で声をかけられ女性が接客をする店を紹介されたと、山下団長は経緯を会見で語った。

処分を受けた選手は「男性が日本語を話せたから、お店の女性も日本人だと思った。日の丸を侮辱し申し訳なかった」と謝罪の言葉を述べた。

翻訳: Yuki
Image: AP

[See English]