土俵が女人禁制であることに疑問を投げかけている女性市長は28日(土)、女性の家事を禁止するために自宅の台所に土俵を設置することが分かった。

宝塚市の中川智子市長(70)は「今回は諦めない。夫が 作った懐石料理を食べれるのを楽しみにしている」と話した。

中川市長の夫は、料理以外にも死ぬまで皿洗いをすることになる。

市長は、今日から女性が中川家で土俵に入らないのは「差別ではなく伝統」であると語った。

さらに市長は「私の分には枝豆とわかめの酢の物 を忘れないように」と夫にくぎを刺した。

翻訳: Yuki

Image: YouTube

[See English]

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here