2020年東京オリンピックに向けて東日本旅客鉄道(JR東日本)は、混雑する都内の路線に関して外人専用車両を導入することを発表した。

外人専用車両は外人による迷惑行為を減少させるため、朝の通勤ラッシュの時間帯に最後尾の車両に設置される。

JR東日本深沢祐二社長は「この車両は混雑によって生じる騒音を解消するために導入される」と述べた。

またウエストポーチを愛用している観光客に対しては、ラッシュ時の電車の使用を避けるように求めた。

公式文書の中で深沢社長は「早朝からウエストポーチを見たい人はいない」とコメントした。

2016年に外人専用車両が導入された大阪の通勤者は、東京の通勤者に対して同車両に乗らないように助言をした。間違って乗車してしまった大阪の通勤者は、無性に「ハグをしたくなる」「パーティーしたくなる」「オーバーリアクションしたくなる」衝動に駆られたと証言している。

翻訳: Yuki

[See English]

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here