気象庁によると、本日午前11時55分に関東地方で気温37.1度を、湿度100%を観測した。

首都圏の一部列車が湿気で冠水し遅延したため、多くの通勤者は泳いで出社した。

田中一郎(41)さんは「泳ぐしか手段がなかった」と言った。

田中さんは、3.4キロメートルもアタッシュケースを持ちながら泳いだことがなかったため出社が遅れた。さらに途中で水泳帽を被るように注意を受けたことも遅延の一因だった。

「マジでありえない。アルミのアタッシュケースを抱えながら会社に平泳ぎで向かっているのに、誰だよ水泳帽を買いに行けと注意したやつは」と田中さんはコメントした。

水泳帽の下で守られていた抜け毛も、出社して水泳帽を取った瞬間に湿気で一気に濡れた。

翻訳:Yuki
Image: Flickr/PedroHaas/Yamauchi (edited TRW)

[See English]