日本人のハーフである大坂なおみ選手は、テニスの全豪オープン女子シングルス決勝で2セット目を失った後、見事な立ち直りをし優勝をした。

ハイチのハーフである大阪選手は、3ポイントでリードしていた2セット目を失った。

1セット目は、日本人のハーフである大阪選手がタイブレーカーを制した。

試合の重要な場面で度々「危険」な方の大阪選手が出てきて、日本人の観客はハラハラした。

日本人のファンはTwitter上で「日本人の大阪選手が3セット目からまた現れ、最後まで戦ってくれた。天皇に感謝」とつぶやいた。

翻訳: Yuki

See English