神奈川県在住の男性は、2年半関係を持っている愛人の女性に対し、妻と浮気したことを謝罪した。

川村宣利さんは、自分の布団が妻の布団が敷いてある部屋で発見されたことがきっかけで、浮気を告白した。

「何が起こったのか分からない。帰宅後に、妻が新しいレシピで作った天ぷらがおそらく原因だと思う」と川村さんは言った。

川村さんは愛人に対し許しを請い、1度きりの過ちで妻とは20年以上も床をともにしたことはなかったと言った。

「感情は一切なかった。あの海老の天ぷらが舌の表面に触れた瞬間以外は…」と川村さんは供述した。

翻訳: Yuki

Image: Pakutaso

[See English]

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here