ネットフリックス社は、元日産CEOのカルロス・ゴーン氏の逃亡劇『ゴーン イン 60 セカンズ』(仮称)の配信権を取得したことを発表した。

報道によると、ゴーン氏は当初、『ミッション:インポッシブル/ゴーン・プロトコル』というタイトルに、アクション俳優であるトム・クルーズによる主演を希望していた。

しかし、ネット・フリックス社は現在、『Mr.ビーン』で知られる英俳優のローワン・アトキンソンに出演を打診している。

河野太郎外務大臣は「彼がゴーンだとは思えません。」とコメントした。

Image: Reuters
翻訳: M. Kageshita (Traffic Accident Interpretation Japan)

[English]