桜田義孝氏は五輪大臣に加えサイバーセキュリティーも担当しているが、英語が喋れずパソコンの操作ができない以外にも、スポーツが嫌いであることも認めた。

2020年東京五輪・パラリンピック大会に向けたフォーラムで桜田大臣は「スポーツはもとから好きじゃなかった。役に立たないじゃないか。汚職はスポーツだったら違うけど。」と言った。

「五輪大臣になって恥が二つある。スポーツが嫌いなことと、障害を持っている人があまり好きではないことだ。」

さらに桜田大臣は、グレコローマンレスリングが一番嫌いなスポーツだと言った。

「あのスポーツは本当に必要なんですか?」

「大の大人がレオタードを着てレスリングをするんですか。本当に?」

記者団は、桜田大臣が最後に指摘したユニフォームに関しては納得した。

翻訳: Yuki
Image: Reuters

See English