「生」という漢字に16種類の読み方があるのは、ドSの平安貴族に責任があることが新しい研究で発表された。

この発表によると、このドSの貴族は他の人が苦しむのに快楽を感じていたことが分かった。またその貴族は、着痩せ効果のために常に黒一色でコーディネートしていた。

「生」の読み方には、「しょ」「せい」「い(きる)」「う(まれる)」「お(う)」「は(える)」「き」「なま」「な(る)」「む(す)」などが含まれる。またその他にも日常生活では一切使われない読み方もある。

「新たに発見された絵巻によると、この平安貴族は二畳台に座りながら悪意のある読み方を作り出していた」と一人の学者は言う。

学者たちは、一つの漢字で「せい」「なま」「き」など多くの読み方を生み出したこの貴族の精神状態を疑問視した。

「この絵巻からは、手に扇子を持った無情な貴族が気取りながら新しい読み方を生み出している様子が分かる」と説明した。

「快楽のための読み方の熟考」と題された平安貴族の絵巻は、東京国立博物館にて1月下旬から展示が始まる。

翻訳: Yuki

[See English]

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here