都内の会社員渡辺健司(33)さんが、休日が長すぎて6日目で死亡したことが分かった。

自宅で発見された遺体は、真っ白い壁をガン見していた。

警察は、遺体に外傷はなく、休み死が原因と発表した。

一方、渡邊さんの家族は、3日以上の休日を強要した会社に責任を求めている。

渡邊さんの母親は「最後に健司と話したときは、新しい趣味の睡眠に挑戦してみたいと嬉しそうに話していた。自由な時間を与えるなんて、会社は何を考えていたのか」と語った。

渡邊さんの家族は、会社に賠償を求める訴訟を起こすと発表した。

Image: Pakutaso

翻訳: Yuki

[See English]