今朝、通勤中の都内在住の男性が、昨日の夕方のラッシュ以来初めて人の肌の温もりに触れたことが分かった。

鳩山太郎(52)さんは「知らない中年男性に、優しく、かつしっかりとした手つきで押される感覚は他に例えようがない」と言う。

特に、純白の手袋に包まれた手が一番だという。

このような高揚感は、都心ではパズル&ドラゴンズを通じた人間とドラゴンの間でしか得られない。

「最後に人の心拍を体で感じたのはいつだろう。一呼吸、一つの動作がみぞおちで感じられる」と鳩山さんは自分の顔から7cm前にいる男性を見ながら思った。

5人の乗車客に囲まれた24分間のうち、常に誰かと体が触れ合っていった。

翻訳: Yuki

[See English]

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here