約90%の会社員男性が、電車の端の席の壁と親密な関係にあることが、2日に発表された調査で明らかになった。また、その親密度は妻以上であることも分かった。

研究員の平内龍之介(33)氏は「驚く数の会社員男性が、 1〜2つの壁と浮気をしている」と語った。

この調査によって男性の間ではびこっている妄想が、加速している高齢化社会に影響を与えていることが明らかになった。

平内氏は「半数の会社員男性は、長い一日の終わりに端の席の壁に迫れるのを楽しみにしている」と見解を述べた。

また、壁と妻のどちらと寝たいかと聞いたところ、ほとんどの男性が壁と回答した。

翻訳: Yuki

[See English]

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here