本日、日比谷線に乗車していた外国籍の男性3人の会話が、3車両先にまで聞こえていた。

3車両先に乗り合わせていた会計士の山田信二(37)は、「まるで隣に立っているかのように、一言一言が聞こえた」と語った。

その会話の中でも山田さんが理解できたのは、「浅草」と「新宿」という単語だった。

外国人男性たちは、ノンアルコールビールを飲んでいたにも関わらず、酔っぱらいのような振る舞いをしていた。

ギャリー・ホワイト(35)は「完璧に酔っぱらった」と語り、友人と共に広尾駅で下車した。

山田さんは、「六本木駅に着く前に下車をして驚いた」と話した。

訳:Yuki

写:Flickr/Bitboy

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here