自民党の二階俊博幹事長は26日、「平等を求める女性」は「自分勝手」であると発言した。

二階氏は「今は保育援助が必要だと言っているが、気付けば男性の仕事を奪うという状況に発展しかねない。危険だ」と女性を批判した。

また「女性は良い職に就き、社会的地位向上のために保育援助を必要とするが、それは自分勝手かつ男性社会の文化を衰えさせる」とも述べた。

安倍政権は成長戦略で女性の活躍推進を柱の一つに掲げ、女性の雇用増加などを謳いつつ保育所数の増加は断固拒否している。

二階氏は「保育士不足や保育施設の新規建築が困難であることを議論している間に、偵察衛星の打ち上げを着実に実行し、今のところはバランスは取れている。女性は、最も得意としている子作りだけに専念していればよい。私も貢献をした。有能な子供を何人作ったことか」と発言した。

翻訳: Yuki

[See English]